コーヒーの淹れ方

急冷式アイスコーヒーの淹れ方!ペーパードリップ編

ポイントは、豆を多くして濃く少なめに抽出する

夏になると恋しくなるが美味しいアイスコーヒーですが、自宅で美味しく淹れるのって少し難しいですよね。

そこで、今回は失敗しない淹れ方をご紹介したいと思います。
アイスコーヒーを自宅でハンドドリップで淹れる時のポイントは、氷で冷やしながら濃いめに抽出することです。

動画で見る!急冷式アイスコーヒーの淹れ方

準備するもの

・ドリッパー
・サーバー
・ドリップポット
・ペーパーフィルター
・計量スプーン
・温度計
・コーヒー豆(中細挽き)
・お水
・氷
・コーヒーカップ

1.ドリッパーにペーパーをセット

ドリッパーにペーパーを置きます。
この時のポイントは、ペーパーのギザギザしている端と下の部分を折り曲げることです。

3.コーヒー豆のセット

ペーパーの中にコーヒーの豆を均等にセットします。
山になってしまった場合は、軽く平らにならしてください。
豆は中細挽きのものを15g~20gに対して約100ccくらいが目安になります。時間がある方は軽量スプーンまたは量りを使って正確な量を使うと美味しく入ります。

4.サーバーにドリッパーをセットする

サーバーに多めの氷を入れて、その上に豆の入ったドリッパーをセットします。
倒れないように安定感のある平らなところに置いてください。

5.コーヒー豆の蒸し

早速お湯をかけていきますが、コーヒーの美味しさを最大限に引き出すために全体にお湯をさっとかけて約20~30秒蒸らします。お湯がポタポタと垂れるくらいで大丈夫です。
お湯の温度は、豆の種類にもよりますが90度ちょっとの高めの方が苦みが出やすくておすすめです。温度計を使って毎回同じ温度で淹れることで安定したコーヒーが出来ます。

6.コーヒーの抽出

蒸らしが終わったら、お湯を丁寧に一定の量で中心から外側に「の」の字を描くように注いでいきます。
ドリッパーの上までお湯が溜まったらお湯が落ちるのを待って、中心がくぼんできたくらいで、最後お湯を注ぎます。
ドリップしたい目盛まで抽出ができたら、お湯が残っていてもすばやくドリッパーを外します。

7.カップに注いで完成

氷を入れたカップに出来上がったコーヒーを注いだら、アイスコーヒーの完成です。
サーバーにコーヒーが残った場合は、氷を取り除いてから蓋をして冷蔵庫で冷やせば、1日は美味しく飲むことができます。

ドリップポットが無い場合は、やかんなどで代用して大丈夫です。
また、お水は浄水や軟水のミネラルウォーターがおすすめです。

あなたにおすすめの記事