コーヒーの基礎知識

抽出方法に合ったコーヒー豆の挽き方

抽出方法に合った挽き方でコーヒーをより一層美味しく

初めてコーヒー豆を買う時、「挽き方はどうしますか?」と聞かれて慌ててしまった経験はありませんか?

コーヒーの豆は、抽出方法によって挽き方を変えて使います。

まず、挽き方の種類についてですが、細挽き、中挽き、粗挽きなどがあります。
特徴としては、細かくすればするほど苦みが出やすく濃く抽出しやすくなります。逆に粗くすればするほど、苦みが減ってあっさりとした味になりやすくなります。

自宅のコーヒーメーカーやハンドドリップで淹れる時は、「中挽き」くらいが最適です。中挽きは、コーヒーの成分がバランスよく抽出されるので酸味や苦みとコーヒーのオイルなどを偏ることなく楽しむことができます。

豆によって、細めの中挽きや粗めの中挽きなどにしてみて、挽き具合での味の変化を楽しむのもコーヒー好きにはたまらないです。

次に、フレンチプレスやパーコレーターで淹れたい時は、「粗挽き」がおすすめです。
ダイレクトにコーヒーの風味を楽しめる淹れ方ですので、細挽きの豆を使ってしまうと苦みと渋みが出過ぎてしまうので気をつけてください。

最後に細挽きですが、こちらは濃いコーヒーを抽出するマキネッタ・エスプレッソなどに使用します。極細挽きは苦みが出やすいのでエスプレッソに最適です。
粗めの細挽きにすると、サイフォンやペーパードリップで使うこともできます。

お店がコーヒー豆を購入する時は、細かい指定をするのが難しく「ペーパードリップで使うので中挽きでお願いします。」などとお願いしてしまいますが、自宅にコーヒーミルがあれば、同じ豆を色々な細かさでコーヒーを抽出できるので、楽しみの幅が広がります。

コーヒーは豆のままで買うのがおすすめ!

コーヒーミルが必要なのとコーヒーを淹れる度にコーヒー豆を挽かなくてはいけない手間がありますが、コーヒーは豆のまま買うのがおすすです。

焙煎したコーヒー豆は劣化するのがとても早いので、豆のまま購入した方が劣化が防げます。また、コーヒーの豆を挽いて粉にした瞬間から香りが失われてしまいます。ですので、飲む直前に挽いた方が香りは何倍も楽しめます。

家では、毎回豆のまま購入して買ったその日に冷凍庫に入れてしまいます。コーヒーを淹れる時は、必要な分だけを出して残りはまた冷凍しておきます。

コーヒー豆のまま冷凍する事で鮮度を保つ事ができるので、コーヒーを挽いたり淹れたりすると部屋中にとても良い香りが漂います。コーヒーの香りはアロマのような働きがあって、リラックス効果もあるそうです。

手動式コーヒーミルVS電動式コーヒーミル

コーヒーミルがあれば、簡単に自宅でもコーヒー豆を粉に挽く事ができます。

新鮮なコーヒーは豆の状態のままの方が香りが閉じ込められているので、挽いた時にも淹れている時にもコーヒーの良い香りと楽しむことができます。

コーヒーミルは手動式と電動式があります。

2杯分くらいのコーヒー豆を挽ける小型タイプでしたら2,000円くらいで購入できます。

家庭用の電動式タイプで多めのコーヒー豆を挽けるコーヒーミルは、5,000円~20,000円くらいで購入できます。

体験談

今まで使ってみたミルの中で、挽いたコーヒー豆が溜まる部分がプラスチック製のケースは、静電気ではりついたり飛び散ってしまって取り出しにくい場合があります。

手動式コーヒーミルのメリット・デメリット

手動式は2杯分くらいを挽くのであれば、小型で収納しやすくとても重宝します。

大量にコーヒー豆を挽く場合は、出来ない事はないですがかなり大変なので向いていません。また、挽き方(粗さ)の調節がスイッチではなく面倒なものが多いです。

でも、見た目がお洒落だったりレトロ感のあるものだったりが多いです。インテリアにもなります!

電気が不要なので、キャンプやアウトドアでも使えます!

電動式コーヒーミルのメリット・デメリット

電動式は大量にコーヒー豆を挽くのに重宝します。

手動より大きめのものが多いので多少スペースが必要になるのとコンセントが必要です。また、高性能な商品であれば挽き方(粗さ)の調節がスイッチで変えられるのでとても便利です。

価格は5,000円くらいからありますが、私のおすすめは15,000円~20,000円くらいの小型業務用の電動コーヒーミルです。業務用だとパワーや刃が良いので、素早くとても綺麗に挽く事ができますし、熱がこもらないのでおすすめです。

抽出方法にあう挽き方(挽き具合)一覧

極細挽き 極細挽き
極細挽きはコーヒー豆を粉状に挽いたものです。
家庭用のエスプレッソなどによく使用される挽き方です。
※業務用エスプレッソの場合は、エスプレッソ専用のグラインダーで挽きます。
細挽き 細挽き
細挽きはコーヒー豆を粉状に近い状態に挽いたものです。サイフォンやエスプレッソなどによく使用される挽き方です。
中挽き 中挽き
中挽きはコーヒー豆をざらめ砂糖より小さめに挽いたものです。ぺーパードリップ・コーヒーメーカーなどによく使用される挽き方です。
粗挽き 粗挽き
粗挽きはコーヒー豆をざらめ砂糖くらいの大きさに挽いたものです。プレンチプレスなどによく使用される挽き方です。
あわせて読みたい
家庭用コーヒーミルの選び方!簡単にコーヒー豆を挽こうコーヒーミルとは? コーヒーミルがあれば、簡単に自宅でもコーヒー豆を粉に挽く事ができます。 新鮮なコーヒーは豆の状態のままの方が香りが...
あわせて読みたい
家庭で使えるプロ仕様のコーヒーミル!ボンマック自宅で美味しいコーヒーを飲むならコーヒーミルが重要 自宅でカフェのような美味しいコーヒーを淹れたい時に大切なのが、コーヒーミルです。 ...
あなたにおすすめの記事