コーヒーの基礎知識

自分の好きな豆の探し方

こだわるなら農園や処理方法がわかるシングルオリジン

今回は好きなコーヒー豆の探し方をご紹介します。

自分の好きなコーヒー豆を探すときのポイントは、シングルオリジンの豆を購入したり飲んだりすることです。

シングルオリジンとは、産地、農園、品種、処理方法などが全て分かっている豆です。

たとえば、ブラジル、コスタリカ、グアテマラ、コロンビア、ハワイアンコナなど色々な種類がありますが、これらは産地が分かっているだけですが、シングルオリジンではもっと農園など小さな規模で分けるので、その土地ならではの個性豊かな香りと味を楽しむことができますし、生産者なども分かって安心です。

コーヒーにはブレンドがありますが、ブレンドは何種類かの豆を混ぜて作るので、それぞれの豆の特徴を味わうことは難しいです。

ブレンドは、1つの豆だけでは出せない味をいくつかの豆を混ぜて表現しているので、それぞれのお店のこだわりや個性が出ていて美味しいのですが、豆本来の味や香りを楽しみながら、自分が好きな豆を探すのであればシングルオリジンがおすすめです。

シングルオリジンを飲み比べていくと、たとえば、同じコスタリカでも農園や処理方法によって香りや味が全く違うことが分かってきます。

もちろん、農園や処理方法が違ってもコスタリカ本来の香りに華やかさがあると酸味が強めの部分などは全てのコスタリカに共通しているのですが、その先に甘みや酸味や香りに違いがあります。

また、ブラジルもナッツのようなブラジル独特の香りや味は共通なのですが、産地や処理方法によってその他の部分のテイストが異なります。

時間がある方は、カッピングというコーヒーをテイスティングする方法もあるので、試してみると深い世界が分かってきて楽しいと思います。

ワインのテイスティングや日本酒の利き酒のように、それぞれの豆の特徴と個性を感じながら楽しむと、いつもとは違うコーヒータイムが過ごせます。

ちなみに、私の好きな豆は華やかな香りなコスタリカとナッツやチョコレートを感じるブラジルです。

あなたにおすすめの記事