コーヒーの淹れ方

ハンドドリップでのコーヒーの淹れ方!ペーパードリップ編

自分好みの濃さを調節しやすい抽出方法

自宅やお店でよくコーヒーを淹れるのに使われているのがペーパードリップです。

ぺーパードリップで使用する器具は手入れが簡単でスーパーやキッチン用品店で簡単に購入できるので初心者でも始めやすいです。また、手軽に美味しいコーヒーが淹れらるのも魅力的です。

ペーパードリップで淹れたコーヒーは、ペーパー部分でろ過されてから抽出されるのでとてもクリアで雑味のないすっきりしたした味わいになります。

ペーパードリップの時に使用するドリッパーは色々なメーカーがあります。最近は、らせん状で一つ穴のハリオを使っているお店が多いですね。昔からよく見かけるカリタやメリタもあります。また、プラスチック製のものから陶器製・銅製・セラミック製など様々な種類があります。

動画で見る!タリーズ流ハンドドリップの淹れ方 ホットコーヒー篇

準備するもの

・ドリッパー
・サーバー
・ドリップポット
・ペーパーフィルター
・計量スプーンまたは量り
・温度計
・コーヒー豆(中挽き)
・お水
・コーヒーカップ

淹れ方

1.器具やカップを温める

ドリッパー・サーバー・コーヒーカップなどを沸騰したお湯でさっと温めると、コーヒーを淹れている最中に温度が下がるのを防ぐことができます。
また、一緒に熱湯消毒や器具の匂いとりにもなります。

2.ドリッパーにペーパーをセット

ドリッパーにペーパーを置きます。
この時のポイントは、ペーパーのギザギザしている端と下の部分を折り曲げることです。

3.コーヒー豆のセット

ペーパーの中にコーヒーの豆を均等にセットします。
山になってしまった場合は、軽く平らにならしてください。
豆は中挽きのものを10~15gに対して約120ccくらいが目安になります。時間がある方は軽量スプーンまたは量りを使って正確な量を使うと美味しく入ります。

4.コーヒー豆の蒸し

早速お湯をかけていきますが、コーヒーの美味しさを最大限に引き出すために全体にお湯をさっとかけて約20~30秒蒸らします。

お湯がポタポタと垂れるくらいで大丈夫です。
お湯の温度は、豆の種類にもよりますが90度前後がおすすめです。

温度計を使って毎回同じ温度で淹れることで安定したコーヒーが出来ます。

5.コーヒーの抽出(1回目のお湯の注ぎ方)

蒸らしが終わったら、お湯を丁寧に一定の量で中心から外側に「の」の字を描くように注いでいきます。
ドリッパーの上までお湯が溜まったらお湯が落ちるのを待って、中心がくぼんできたくらいで、最後お湯を注ぎます。
ドリップしたい目盛まで抽出ができたら、お湯が残っていてもすばやくドリッパーを外します。

6.コーヒーの抽出(2回目以降のお湯の注ぎ方)

粉の中心がくぼんでお湯がなくなりそうになる手前で次のお湯を注ぎます。
サーバーの人数分の目盛りまで抽出できたら、ドリッパーを外して出来あがりです。

ドリッパーにお湯が残っていても、サーバーの目的の目盛りまでコーヒーが抽出できあたらドリッパーを外します。

7.カップに注いで完成

お湯で温めたカップに出来上がったコーヒーを注いだら、ペーパードリップコーヒーの完成です。

 

ドリップポットが無い場合は、やかんなどで代用して大丈夫です。
また、お水は浄水や軟水のミネラルウォーターがおすすめです。

おすすめドリップコーヒー器具

created by Rinker
アピックス
¥4,242
(2019/09/24 13:37:55時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
CHEMEX (ケメックス)
¥5,292
(2019/09/23 22:24:08時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
HARIO(ハリオ)
¥280
(2019/09/23 22:24:09時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
HARIO(ハリオ)
¥940
(2019/09/23 22:24:09時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
山崎実業(Yamazaki)
¥1,612
(2019/09/23 22:24:10時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
HARIO(ハリオ)
¥256
(2019/09/24 11:49:04時点 Amazon調べ-詳細)

あなたにおすすめの記事