コーヒーの基礎知識

コーヒー豆の種類

コーヒーの2大品種

コーヒーの豆には種類があるのをご存じですか?
大きく分けるとロブスタ種とアラビカ種という2つに分けることができます。

ロブスタ種は、とても強く成長が早いため生産性が高いので安く手に入れることができます。でも、香りや味が弱かったり薄いので、缶コーヒーやインスタントコーヒーなどに良く使われる品種です。

一方で、アラビカ種は病気や害虫に弱いので生産性が低く、高値で取引されています。
品質が良く香りと味もよいので、カフェなどで使用されている品種です。
私たちがスーパーやカフェで良く見かけるコーヒー豆は、アラビカ種が多いと思います。

ロブスタ種(カネフォラ種)

カネフォラ種は、コーヒー業界ではロブスタ種と呼ばれています。
成長が早く病気や害虫に強いため生産性が高いが、香味や風味が弱いためインスタントコーヒーや安価なコーヒーに使用されている品種です。

アラビカ種

病気や害虫に弱く乾燥や霜にも弱いため生産性が低いが、香味や風味が良いため高品質なコーヒー使用されている品種です。アラビカ種には、ティピカ・ブルボン・カツーラ種など多くの品種があります。

スペシャルティコーヒーとは

最近では、スペシャルティコーヒーというのがとても人気があります。

日本でちょっと前までのスペシャルなコーヒーといえば、ブルーマウンテンやハワイアンコナでしたね。ブルーマウンテンやハワイアンコナは確かに美味しいですが、これらは生産できる場所が限られているので、希少価値が高いことで高級品として扱われていました。

しかしスペシャルティコーヒーとは、日本スペシャルティコーヒー協会(SCAJ)の定義では「消費者(コーヒーを飲む人)の手に持つカップの中のコーヒーの液体の風味が素晴らしい美味しさであり、消費者が美味しいと評価して満足するコーヒー」とされています。

スペシャルティコーヒーがおすすめの理由

今までコーヒーは嗜好品として扱われてきましたが、近年ではワインのように生産国・生産者・生産工程や選別などから抽出方法などにも着目するようになってきました。

最近のコーヒー業界を見ていると、目指しているのはワインなのかな?っと良く思います。豆の特性や風味・味などをとても大切にし、さらに焙煎具合や抽出方法にもこだわった店舗が増えてきています。

さらに、スペシャルティコーヒーの中からさらにトップグレードを決めるカップ・オブ・エクセレンス(Cup of Excellence)という国際的な品評会もあります。

カップ・オブ・エクセレンス受賞のコーヒー豆が特におすすめ

コーヒーの生産国で、その年に収穫された最高品質(トップ・オブ・トップ)の豆を決める国際品評会です。
とても名誉のある称号ですので、この厳しい審査をクリアして受賞すると取引で高値になります。

日本でもカップ・オブ・エクセレンス受賞のコーヒー豆を見かけますが、100gで1000円くらいで販売されていて、とても高価です。

スペシャルティコーヒーやカップ・オブ・エクセレンス受賞のコーヒー豆の特徴は、とても香り高く風味も豊かで豆の特徴が引き出されているものが多いです。
初めて飲んだ時は、衝撃的でした。
一度、飲んでしまうとまた飲みたくなるとても美味しいコーヒーです。

欠点豆とは

焙煎前の生豆や焙煎後のコーヒー豆に欠点豆があるとコーヒーの味が落ちてしまうので、見つけたら取り除くようにしましょう。

未熟豆 十分に成長していない未熟な豆。
かけたり割れている豆 脱穀の際や保管中にかけてしまったり割れてしまった豆。焙煎の際にあると焙煎がムラになりやすいので取り除きます。
コッコ 果肉がついたままの状態の豆。
ブラックビーンズ(黒豆) 発酵して黒く変色している豆。
虫食い豆 虫が食べた後で穴が空いている状態の豆。
カビが生えている豆 カビが生えている豆。保管方法が悪いとカビが生える場合があるので、豆の保する際には、高温多湿を避け通気性の良い所で保管しましょう。
発酵豆 発酵して茶色く変色している豆。

おすすめコーヒー豆

created by Rinker
DEAN&DELUCA(ディーンアンドデルーカ)
¥2,311
(2019/01/17 01:54:04時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
DEAN&DELUCA(ディーンアンドデルーカ)
¥17,557
(2019/01/17 01:54:04時点 Amazon調べ-詳細)

RELATED POST