コーヒーの基礎知識

美味しいコーヒーの探し方

苦くてコクのある味と酸味のあるフルーティな味

最近はどこに行っても美味しいコーヒーに出会えるようになってきて、焙煎したての新鮮なコーヒーや高品質なスペシャルティがあってコーヒー好きにとっては嬉しい時代ですね。

美味しいコーヒーといっても、高くて高品質なら必ず美味しいわけではありません。

料理などと一緒で人によって美味しいと思うものが違うので、人気のあるカフェに行っても、高いカフェに行っても、自分の好みではなかったな。っと思う事も多々あります。

コーヒー豆も必ずしも高くて高品質なものが美味しいというわけではなく、やっぱり個人の好みがあります。

そこで、自分好みの美味しいコーヒーに出会う方法をご紹介します。

まず、自分がどのような味のコーヒーが好きかを見つけます。

これは、普段飲んでいるコーヒーから見つけることができます。濃くて苦めのが好きか、苦みと酸味のバランスが良いのが好きか、酸味強くフルーティなものが好きか。

豆の種類にもよって異なりますが、大きく分類するとコーヒーの味は焙煎具合で結構変わります。

濃くて苦めのが好きな方は深煎り系、苦みと酸味のバランスが良いのが好きな方は中煎り系、酸味強くフルーティなものが好きな方は浅煎り系。

もちろん、豆本来が持っている味があるので深煎りでも酸味が強めのものもあります。

しかし、焙煎具合でなんとなく自分の好みを見つけることができると失敗することが少なくなります。

コーヒーの味の要素は、苦み・甘み・酸味・コクで分けることができます。

これを基準に考えて、あとは焙煎具合を組み合わせていくと考えやすいです。

私は酸味が苦手で、少しの苦みとコク、そして甘みのあるコーヒーが好きなので中深煎りのコーヒーが比較的好きです。

豆を購入する時には、ストレートで飲むときはなるべく中深煎りを購入するようにしています。

アイスコーヒーを作りたい時は、深煎りを購入して冷やしてもコーヒーの苦みとコクが感じられるようにしています。

さらに、豆の産地や品質を知るともっと自分好みのコーヒーを見つけることができます。

品質はスペシャルティコーヒーのものやCOF(カップオブエクセレント)を受賞している高品質なものがおすすすめです。

産地や生産元がしっかりしていて、豆の特徴や個性が豊かで香り高いのが特徴です。

また、品種や産地によって味が異なりますので、その特徴を知ることも必要です。

ナッツやカカオを思わせるものなら、ブラジル。華やかな香りと酸味が特徴のコスタリカ。花の密ような落ち着いた香りならグアテマラ。

始めから全てを知ろうとすると難しいので、色々な豆を試していくと分かりやすいです。

また、同時に異なるコーヒー豆を淹れて、飲み比べをすると違いが分かって自分好みのコーヒーが探しやすいなります。