家庭用コーヒーミルの選び方!簡単にコーヒー豆を挽こう

コーヒーミルとは?

コーヒーミルがあれば、簡単に自宅でもコーヒー豆を粉に挽く事ができます。

新鮮なコーヒーは豆の状態のままの方が香りが閉じ込められているので、挽いた時にも淹れている時にもコーヒーの良い香りと楽しむことができます。

コーヒーミルは手動式と電動式があります。
2杯分くらいのコーヒー豆を挽ける小型タイプでしたら2,000円くらいで購入できます。

家庭用の電動式タイプで多めのコーヒー豆を挽けるコーヒーミルは、5,000円~20,000円くらいで購入できます。

 
undefined
今まで使ってみたミルの中で、挽いたコーヒー豆が溜まる部分がプラスチック製のケースは、静電気ではりついたり飛び散ってしまって取り出しにくい場合があります。

手動式コーヒーミルのメリット・デメリット

手動式は2杯分くらいを挽くのであれば、小型で収納しやすくとても重宝します。大量にコーヒー豆を挽く場合は大変なので向いていません。また、挽き方(粗さ)の調節がスイッチではなく面倒なものが多いです。

電動式コーヒーミルのメリット・デメリット

電動式は大量にコーヒー豆を挽くのに重宝します。手動より大きめのものが多いので多少スペースが必要になります。また、高性能な商品であれば挽き方(粗さ)の調節がスイッチで変えられるのでとても便利です。

抽出に合わせたコーヒー豆の挽き方

コーヒー豆を挽くときには、粗さや細かさをお好みで調整します。基本的には自分の好みで調整するのが一番良いとは思いますが、用途別に粗さがありますので、ご紹介します。

ご家庭でコーヒーを抽出する時に利用するペーパードリップやコーヒーメーカーの時は中挽きが多いです。

コーヒーの挽き方でコーヒーの味も変わってきますので、色々と試してみると楽しいです。
基本的には細かく挽くと濃く抽出されます。
粗く挽くと薄めに抽出されます。

極細挽きパウダーのようにとても細かい挽き方です。マキネッタなどのエスプレッソに使います。
細挽きパウダーのようにとても細かい挽き方ですが、極細挽きは粗めになります。サイフォンやエスプレッソなどの時に使います。
中挽き一般的でよく使う挽き方です。ざらめ砂糖より小さめに挽いたものです。ぺーパードリップやコーヒーメーカーなどの時に使います。
粗挽きざらめ砂糖くらいの大きさに挽いたもので、フレンチプレスなどの時に使います。

おしゃれで使いやすいおすすめの家庭用コーヒーミル

KALITA(カリタ コーヒーミル 手挽き

1~2杯分くらいを入れる方に丁度い手挽きミル。
硬質鋳鉄製の臼歯なので結構均一に挽くことができます。
受け皿部分が木製なので静電気でコーヒー粉が張り付くことがなくて使いやすいです。
価格もリーズナブルで使いやすいのでおすすめです。

created by Rinker
カリタ(Kalita)
¥5,480 (2024/04/18 20:10:49時点 Amazon調べ-詳細)

HARIO セラミックコーヒーミル ウッド

見た目がお洒落で人気があるのでハリオから発売されているウッド調のセラミックコーヒーミルです。

カリタ コーヒーミル 手挽きセラミックスリム

キャンプやツーリングなどの持ち運びにもおすすめの頑丈だけどコンパクトなコーヒーミルです。
カッター部分がセラミックなので耐久性はなさそうですが、取り外して洗うことができるのでその点は高評価です。

関連記事

コーヒー好きなら何個あっても嬉しいコーヒーミル コーヒが好きな人やこだわっている人は、必ずコーヒーを豆の状態で買って、コーヒーを淹れる直前にコーヒーミルで挽く方がほとんどです。 その理由は、コーヒー豆は挽いて粉にすると、その瞬[…]