アレンジ・レシピ

アイスコーヒー

暑い夏におすすめのアイスコーヒー。

アイスコーヒーを美味しく入れるコツは、急速冷却です。すぐに飲みたい方はドリップコーヒーを急速に冷やす方法がおすすめ。時間をかけてゆっくりじっくりと抽出したアイスコーヒーを楽しむなら水出しコーヒーがおすすめです。

今回ご紹介するのは、ドリップコーヒーを冷やして入れるアイスコーヒーの作り方です。

動画でみる!タリーズ流ハンドドリップでのアイスコーヒー篇

用意するもの(2人分)

・ドリッパー
・ガラス製サーバー(ポット)
・ドリップポット
(なければやかんでもOK)
・ペーパーフィルター
・計量スプーン
・挽いた豆(粉)
・お湯(出来たらミネラルウォーター
・氷

【STEP1】ペーパードリップの準備

サーバー(ポット)にドリッパーをのせてセットします。

【STEP2】ペーパーフィルターのセット

ドリッパーにペーパーフィルターをセットします。

ペーパーフィルターは、角と下の部分を折り曲げて使用します。

【STEP3】コーヒー豆のセット

ペーパーフィルターにコーヒー豆(粉)をコーヒー用計量スプーンで2杯入れます。
粉の焙煎具合は深煎りがおすすめです。

【STEP4】コーヒー豆を蒸らす

90~95℃くらいのお湯を粉の中心から「の」の字を書くようにゆっくりと注いできます。

新鮮なコーヒー豆はお湯を注ぐと膨らんでくるので20~30秒待って蒸らします。

【STEP5】1回目のお湯の注ぎ方

20~30秒蒸らしてコーヒー豆が膨らんだら、お湯を中心から「の」の字を書くようにゆっくりと注いできます。

●お湯の注ぎ方:お湯は細く一定の量で注ぎます。
●1杯分の粉とお湯の量:コーヒーの粉10~15gに対して約120ccくらい

【STEP6】2回目以降のお湯の注ぎ方

2回目以降のお湯の注ぎ方
粉の中心がくぼんでお湯がなくなりそうになる手前で次のお湯を注ぎます。
サーバーの人数分の目盛りまで抽出できたら、ドリッパーを外して出来あがりです。

ドリッパーにお湯が残っていても、サーバーの目的の目盛りまでコーヒーが抽出できあたらドリッパーを外します。

【STEP7】冷却する

2回目以降のお湯の注ぎ方
サーバーごと冷たい水の入ったボールなどに入れて粗熱をとります。粗熱がとれたら、氷を入れて出来上がり。
残ったコーヒーは、冷蔵庫に入れて1~2日は保存できます。

お洒落なアイスコーヒー器具

created by Rinker
HARIO(ハリオ)
¥15,918
(2020/09/28 17:19:03時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
KINTO (キントー)
¥4,400
(2020/09/28 17:19:03時点 Amazon調べ-詳細)

created by Rinker
HARIO(ハリオ)
¥1,087
(2020/09/28 17:19:04時点 Amazon調べ-詳細)