コーヒーの基礎知識

好きな抽出方法の探し方

抽出方法による味の違いを学ぶ

皆さんは、ご自分で気に入っているコーヒーの抽出方法がありますか?

もちろん、コーヒーが好きの方は毎日何杯も飲む人が多いので、お湯を注ぐだけのドリップパックやコーヒーメーカーなど使って手軽にコーヒーを淹れることも多いと思います。

でも、時間がある時には家でハンドドリップやフレンチプレスなどを使って丁寧に抽出したコーヒーでカフェタイムを楽しむのもコーヒーの醍醐味です。

ハンドドリップの特徴と良いところ

一番ポピュラーで手軽なのが、ペーパーを使ったハンドドリップですね。
ドリップペーパーとドリッパーがあれば、簡単に入れることができます。

ハンドドリップの良いところは、豆の粗さ、お湯の温度、抽出速度などで自分好みの味にコントロールできるところです。

同じ豆でも、粗く挽いて抽出するのと細かく挽いて抽出するのでは、酸味が苦みが変わってきます。また、お湯の温度によっても甘みや酸味や苦みが異なります。

早めの速度で抽出すると、さっぱりとして味わいになって、ゆっくりと時間をかけて抽出するとコクのある複雑な味に仕上がります。

ハンドドリップで美味しく抽出でしたコーヒーは、時間が経って冷めてもとても美味しいです。

また、道具が少なくても作れるのでキャンプや山登りや旅行などでも美味しいコーヒーを淹れることができるのも魅力の一つです。

ハンドドリップの基本を覚えてしまえば、アイスコーヒーも簡単に作ることができます。

豆を細かめに挽いて、お湯の温度を高めにしてゆっくりと抽出して、濃いめに入れたコーヒーを氷がたくさん入ったグラスに注ぐだけで、急冷のアイスコーヒーが出来ます。

もっと美味しさにこだわりたい方は、グラスに氷を沢山入れて、その上からハンドドリップします。

ドリップした瞬間にコーヒーが冷やされるので、コーヒーの美味しさを失うことなく本当に美味しいアイスコーヒーが出来上がります。

ハンドドリップでのコーヒーの淹れ方!ペーパードリップ編

フレンチプレスの特徴と良いところ

次に、手軽でオススメなのがフレンチプレスです。

紅茶の茶葉をフレンチプレスで淹れますが、紅茶と同じ要領でコーヒー粉も抽出できます。ポイントは、豆を荒く挽くこととお湯の温度と蒸らす時間です。

フレンチプレスは金具を通って抽出されるので、コーヒーのオイルを楽しむことができます。また、お湯に浸した状態で蒸らすので豆本来の味わいを楽しむこともできます。

最近ではエアロプレスが流行っていたり、昔ながらのサイフォンやネルドリップは抽出している時も理科の実験のようで楽しめたり、イタリア人に愛用されているマキネッタなど様々な抽出方法があります。

エアロプレスやネルドリップやサイフォンやマキネッタは、抽出器具を揃える必要がありますが試してみるとまた違った味わいを楽しむことができます。

焙煎したばかりの新鮮なスペシャルティコーヒーの豆などが手に入った時には、是非色々な抽出方法を試してみて、豆本来の味を楽しんでみてください。

フレンチプレスでのコーヒーの淹れ方!

あなたにおすすめの記事