コーヒーの基礎知識

自分の好きな焙煎(ロースト)の探し方

最近の流行りはフルーティな浅煎り

ここ数年のコーヒーの流行りは浅煎りです。

浅煎りだと酸味が強めになりますが、フルーティで苦みが少ないのでコーヒーが嫌いな人でも飲みやすくなります。

一度、もの凄い浅煎りのコーヒーを飲んだら、紅茶みたいでした。
コーヒーの独特な味がしないので、コーヒー好きには物足りませんが、コーヒーが苦手な人には良いかなっと思いました。

酸味が強いコーヒーにミルクを合わせると酸味がまろやかになって、甘みが出てとても飲みやすくなりますので、カフェラテやカプチーノにすると相性抜群です。

私は個人的には浅煎りのコーヒーは苦手です。
コーヒー独特のコクや苦みが感じられないのと、冷めた時の味があまり美味しくないからです。

また、浅煎りはかなり焙煎が上手くないとコーヒー豆の中に火が入っていなくて、生焼けになってしまう時があるからです。中まで火が入っていないと、生豆の草みたいな独特な味がします。

でも、昔ながらの喫茶店で出てくるものすごい深煎りのコーヒーも苦くて濃すぎて苦手です。
1口なら良いのですが、飲み続けるとだんだん飽きてきます。

そんなこなんで色々な焙煎具合のコーヒーを飲んで、自分好みの焙煎具合を探していたらやっと辿りつきました。

おすすめの焙煎度合いは中深煎り

私のおすすめは中深煎りです。

中深煎りの良いところは、ドリップでも美味しいし、エスプレッソにしても美味しいところです。

また、酸味と苦みのバランスが良くてコーヒーの風味とコクを感じながらも苦過ぎないところです。ミルクとの相性も良いので、ラテやカプチーノにしても美味しく飲めます。

エスプレッソで飲むなら、中煎りもバランスが良くで飲みやすいです。
中深煎りよりも酸味が強めになるのですが、ミルクの甘みで酸味が相殺されて、少しだけコーヒーの果実のフルーティーさを感じられます。

アイスコーヒーにする時は、やっぱり深煎りがおすすめです。
冷えていると香りや風味を感じづらいので、少し濃くないと味が薄く感じてしまいます。
また、氷で薄まってもミルクをいれてカフェオレにしたい時にも深煎りだとばっちりです。

1種類の豆でも焙煎の具合によって、まったく異なる味になります。

こだわっている店舗だと、同じ豆を浅煎り・中煎り・深煎りなど色々なローストに仕上げて販売していたりするので、是非飲み比べて自分の好きな焙煎具合を探してみてください。

焙煎(ロースト)の種類についての記事はこちら