コーヒーの資格・検定

コーヒーを学ぶ方法と目的に合わせた学び方

自分の目的に合った学び方を探そう


ここ数年、コーヒーブームも後押しして「コーヒーについて学びたい!」と思っている方はとても多いです。

コーヒーの世界は幅広いので、具体的に何について学びたいのかを明確にしてから、学び方を探すのがおすすめです。

たとえば、趣味レベルでコーヒーの知識や淹れ方を深めたいのか、それとも生豆の輸入・販売、焙煎、カフェ運営・スクール講師などを目指して学びたいのかです。

コーヒーを学ぶ方法

  • 専門学校や社会人向けスクールで本格的に学ぶ
  • セミナーや講習会で気軽に学ぶ
  • 通信講座で知識を深めたり資格取得を目指す
  • カフェで働きながら学ぶ
  • バリスタ留学や海外のカフェで働きなら学ぶ
  • 本で独学する

目的に合わせた学び方

趣味でコーヒーを学ぶ

バリスタを目指す

学生として学ぶことが出来るのであれば、専門学校に通うのがおすすめですが、社会人で時間がない人には3カ月や半年で学べて、平日の夜や土日に開催しているスクールがおすすめです。

  • 専門学校で学ぶ
  • 社会人向けコースで学ぶ
  • カフェで働きながら学ぶ
  • バリスタ留学や海外のカフェで働いて学ぶ
  • JBAバリスタライセンスコース(日本バリスタ協会)で学ぶ
  • ジャパンバリスタチャンピオンシップを目指す

カフェ開業を目指す

カフェや喫茶店を運営したい場合は、経営的な知識もあると有利です。

さらに、コーヒーの知識だけでなく、コーヒーに合うお菓子やスイーツを提供するためにスイーツやチョコレートについて学ぶ人もいます。

  • 独立開業を目指すカフェスクールに通う
  • カフェ開業支援サービスを受ける
  • フランチャイズで開業を目指す
あわせて読みたい
コーヒーの基礎知識が学べる本!コーヒー好きにおすすめコーヒーの幅広い知識が学べる本がおすすめ これからコーヒーについて深く学んでいきたい方におすすめの本をご紹介します! 初心者向けの本...