コーヒー豆の焙煎

手網焙煎機を使った手焙煎!自宅のキッチンで手軽に自家焙煎に挑戦

はじめての手網焙煎機

私も初めてのコーヒー豆の焙煎は、銀杏を炒る時に使う手網を使った手焙煎でした。

自宅のキッチンで手焙煎をすると、コーヒー豆が焼けてくると皮(チャフ)が飛び散るので、少し散らかりますがそんなのも楽しいのです。

これから手焙煎をする方の夢を壊すようで申し訳ないのですが、手焙煎は上手にローストできないと美味しくないです!

特に浅煎り焙煎をしたい方は、生焼け(コーヒー豆の中まで火が入っていない状態)にならないように注意が必要です。

でも、何事も経験ですし、焙煎へのファーストステップとしては、低予算で短時間でコーヒーの焙煎を経験できるという意味でとても大切です。

また、手焙煎もマスターできると自宅で好きな種類の生豆を焙煎して、いつでも新鮮なコーヒーを楽しむことができるので、おすすめです。

手焙煎に必要なもの

手焙煎器は、網タイプで蓋つきのものが使いやすいです。
焙煎中は常に焙煎機を揺らしているので、蓋がないと豆が飛んでしまう時があります。
個人的におすすめなのは、安くて使いやすい丸型のギンナン煎りです。

  • 生豆
  • 手焙煎器(ギンナン煎りなどでOK)
  • ガスのコンロ(HIはダメです)
  • 網製のザル(なくてもOK)
  • うちわ(ドライヤーでもOK)
  • 軍手(なくてもOK)

手焙煎の流れ

  1. 生豆を100~150gくらいを用意する
  2. ハンドピックで欠点豆を取り除く
  3. 焙煎機に生豆を入れる
  4. 中火にかける
  5. 火元から10~15cmくらいの場所でしっかり振る
  6. 3分くらいで少しずつ薄茶色に色づく
  7. チャフ(コーヒー豆の皮)が出てくる
  8. 10分くらいで1ハゼ開始(豆が膨らんでパチパチと音がする)
  9. 好みの焙煎具合になったら火をとめてザルに入れる
  10. 冷風をあてて素早く冷ます

映像で見る!手焙煎

はじめての手焙煎におすすめの器具

丸型ギンナン煎り

created by Rinker
新越金網(Shin-works)
¥2,357
(2019/11/13 02:19:35時点 Amazon調べ-詳細)

ギンナン煎り用ですがコーヒー手焙煎に使えます。
軽くて使いやすいのと、網なのでコーヒー豆の焙煎具合が確認できてよかったです。
蓋がついているので、コーヒー豆とチャフ(コーヒーの皮)が飛びにくくておすすめです。

自分で焙煎!コーヒー焙煎入門セット

created by Rinker
器具付熱風焙煎コーヒー
¥3,060
(2019/11/13 02:19:02時点 Amazon調べ-詳細)

はじめて手焙煎をするときにちょっと面倒なのが、コーヒーの生豆を用意することです。
探すと生豆って意外と売っているお店が少ないのです。
セットになっているタイプを購入すると届いたら、すぐに焙煎ができるのでおすすめです。

発明工房 コーヒー豆焙煎器・煎り上手

焙煎器 煎り上手&生豆セット

あわせて読みたい
初心者から上級者まで!コーヒーの焙煎に関する本初心者から上級者向けのコーヒー焙煎の本をご紹介します。 コーヒーの焙煎といっても、自宅で気軽に始められる手焙煎、小さなカフェや自家...
あなたにおすすめの記事